Raspberry Pi3ではじめるIoT・AIプログラミング

開催日時 ①2016/11/19(土) 13:30-16:00, 2016/11/26(土) 13:30-16:00
②2016/12/10(土) 13:30-16:00, 2016/12/17(土) 13:30-16:00
③2017/01/21(土) 13:30-16:00, 2017/01/28(土) 13:30-16:00
場所 塩尻情報プラザ2F colabo
アクセス 塩尻情報プラザ GoogleMap
定員 各回15名
対象 [想定ユーザー]
いま話題の「IoT」や「AI」などの技術を体験したい初心者

[対象年齢]
小学生高学年〜中学生

必要なスキル パソコンやタブレットの操作経験。
プログラミングの知識は必要ありません
開催要項 [参加費用]
全2日を通し5000円
[申込方法]
電子メール・FAX

[持ち物等]
特にありません(2日目は配布したラズベリーパイ一式)

[注意事項]
原則として全2日参加できる方に限ります。
会場への送迎は保護者の責任においてお願いします。

[主催者情報]
塩尻市、株式会社コミクリ

 

シラバス(Syllabus):

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)はイギリスのラズベリーパイ財団が開発したハードウェア制御も可能な名刺サイズの教育用コンピュータです。Raspberry Pi3はこの最新モデルで、旧モデルに比べて1.5倍、初代と比べると10倍以上も性能が上がり、加えてWi-Fi/Bluetoothワイヤレス機能が搭載されました。

このコンピュータを使って、近年主流となってきているクラウドプログラミング、その中でも話題の「IoT」や「AI」などの技術を体験しながら学んでいくワークショップを行います。中学生としては比較的難しいテーマを扱いますが、GUIプログラミング環境を使用し、クラウド上にある高度な技術を活用することでプログラミング初心者でも参加できる内容になっています。

アジェンダ(Agenda):

【1日目】ラズパイではじめるIoT

本体と周辺機器を接続し、まずは自分の環境をつくります。
部品をドラッグ&ドロップするだけでプログラミングができるNode-REDという環境を使い、簡単なアプリケーションでプログラムの基本的な作り方を学びます。
センサーなどの情報をクラウドにリアルタイムにアップする仕組みを作り、それを取り出して表示するアプリケーションなどを作成します。

【2日目】ラズパイではじめるAI

かつては初心者では作ることのできなかった認識技術を今ではクラウドサービスで誰でも簡単に呼び出し実行することができます。これにデータの分析機能を合わせて使うことで本格的なAIプログラミングを学んでいきます。
最初に音声認識と画像認識をテストする環境を作り、参加者全員で認識させた画像を共有するシステムにまで持っていきます。
応用的なAIにはデータを学習させる過程が必要ですが、今回は講師がすでに学習させたAIチャットボットなどをご紹介します。最後に音声認識でチャットボットに送信するプログラムを作ってみんなの音声で反応させます。

習得スキル(Skills):

技術・実践:AI、IoT
開発言語:JavaScript、HTML